保証契約とはどんなものか

保証契約には、大きく分けて普通保証と連帯保証があります。
これらを比較して、双方の特徴を述べてみます。
まず、連帯保証には、普通保証に認められている催告の抗弁権及び検索の抗弁

 

権がありません。
催告の抗弁権とは、債権者が保証人に債務の履行を請求したときに、保証人が、

 

まず主たる債務者に催告をなすべき旨を請求することができる権利をいいます。
簡単にいえば、債権者が保証人に請求に来た場合に、まず債務者に催告してく

 

ださいということができる権利のことです。
一方、検索の抗弁権とは、保証人が、債権者に対し、主たる債務者の財産につき

 

執行をなすまで自己の保証債務の履行を拒むことができる権利をいいます。

 

これを行使するには、主たる債務者に弁済の資力があり、かつ、執行が容易なこと

 

を証明しなければなりません。
簡単にいえば、債権者が保証人に請求に来た場合に、まず債務者の財産から処

 

分して支払うように請求できる権利です。

 

 

 

また、連帯債務には、分別の利益がありません。
同一の債務に保証人が数人いる場合、各自が債務の額を平等の割合で分割した

 

額についてのみ保証債務を負担します。連帯保証人にはこれがありません。

 

つまり、100万円の債務に対し連帯保証人が2人いる場合、各自がそれぞれ100

 

万円に責任を負わねばなりません。
以上のように、連帯債務者は債権者に対して、法的に弱い立場にあることが分か

 

ります。逆を言えば、連帯債務は、それだけ債務の担保の力が強化されていると

 

見ることもできます。

 

保証契約とはどんなもの?

 

保証契約には、大きく分けて普通保証と連帯保証があります。
これらを比較して、双方の特徴を述べてみます。
まず、連帯保証には、普通保証に認められている催告の抗弁権及び検索の抗弁権がありません。
催告の抗弁権とは、債権者が保証人に債務の履行を請求したときに、保証人が、まず主たる債務者に催告をなすべき旨を請求することができる権利をいいます。
簡単にいえば、債権者が保証人に請求に来た場合に、まず債務者に催告してくださいということができる権利のことです。
一方、検索の抗弁権とは、保証人が、債権者に対し、主たる債務者の財産につき執行をなすまで自己の保証債務の履行を拒むことができる権利をいいます。これを行使するには、主たる債務者に弁済の資力があり、かつ、執行が容易なことを証明しなければなりません。
簡単にいえば、債権者が保証人に請求に来た場合に、まず債務者の財産から処分して支払うように請求できる権利です。
また、連帯債務には、分別の利益がありません。
同一の債務に保証人が数人いる場合、各自が債務の額を平等の割合で分割した額についてのみ保証債務を負担します。連帯保証人にはこれがありません。

 

つまり、100万円の債務に対し連帯保証人が2人いる場合、各自がそれぞれ100万円に責任を負わねばなりません。
以上のように、連帯債務者は債権者に対して、法的に弱い立場にあることが分かります。逆を言えば、連帯債務は、それだけ債務の担保の力が強化されていると見ることもできます。