Archive for the ‘未分類’ Category

保証人紹介ビジネスとはどういうもの?

保証を必要とされる場面は様々あります。

 
たとえば住居を借りる場合など、自分を保証してくれる人物がいなければ借りれな

 

い事になるケースも多いでしょう。

 
就職をするときにも、このような「自分を保証してくれる人物」を要求されることがあ

 

ります。

 
金融業者が連帯保証をしてくれる人物を請求するという以外にも、このように場面

 

が多くあります。

 
「自分を保証してくれる人物」を探してもいない人などは、たちまち困ってしまいま

 

す。

 
このような人々に便宜をはかる紹介ビジネスがあります。

 
名義登録料を支払い、保証を必要とする人に、保証しても良いと考えている人を

 

紹介するものです。

 
全てインターネット上で手続きが完了するという手軽さで、利用者は増えていま

 

す。

 
契約が成立した場合には、名義登録料の他に謝礼などを「保証を必要としている

 

人」が支払うということになります。

 
名義登録料と契約成立時の謝礼の一部は紹介業者に入り、その他が「保証した

 

人」に支払われることとなります。

 
保証を必要としている登録者同士が相保証をするというケースもあるでしょう。

 
このようなビジネスですが、保証を必要として登録した人からは「全く紹介されな

 

い」というトラブルが、また保証した人からは「いつの間にか多額の負債を負わされ

 

た」というトラブルがあるのも事実です。

 
登録時は何があっても自己責任となってしまう事例も多く、登録自体に慎重さが

 

必要がなものとなっています。

なぜ親族限定なのか?

保証人を求められるときに、「親族限定」となっているケースが良く見られます。

 
特に連帯保証人に関しては、親族に限定している場合が多くなっているでしょう。

 
そもそも保証人と連帯保証人の違いは、抗弁権の有無です。

 
保証人には抗弁権がありますので、請求に対して借主への請求を求めることが出

 

来ます。

 
連帯保証人には、この抗弁権がありません。

 
金銭貸借における連帯保証人は支払義務を反故すると、その連帯保証人となっ

 

た本人の信用情報に傷がつきます。

 
そういったことから、赤の他人であっても、連帯保証人本人もその対応を行いま

 

す。

 
しかし、住居の賃貸といったケースで親族以外が連帯保証人となっている場合に

 

 

は、対応を渋るということも多々あります。

 
連帯保証人となっている時には、家賃を含めた事後処理に対して協力が得られ

 

ないということになる可能性が高いのです。

 
単純な家賃の滞納であれば、極力借主本人へ善処を求めることが可能です。

 
しかし夜逃げや自殺といった本人不在の事故が起きてしまえば、連帯保証人に

 

対応を求めるしかありません。

 
この時に他人であればたとえ連帯保証人であっても、処理に対して非協力的であ

 

る事が殆どと言ってもいいほどです。

 
親族はその点、問題解決に協力的であることから、親族限定となっているのです。

保証人になってしまった場合は

 

 

この場合、債務整理で保証した借金を整理する方法、そのまま貸金業者に借金

 

を支払う方法が考えられます。

 

主債務者の借金の額が少額であれば任意整理または特定調停を選択する事と

 

なります。

 
額が多ければ個人再生、自己破産の手続きです。

 

 

借金が少額であり、費用を抑えて借金整理を行うのであれば特定調停がベストで

 

す。

 
特定調停ではまず、利息制限法に基づいて本来支払うべき借金の総額を計算し

 

ます。

 
この計算を引き直し計算と言い、引き直し計算後の金額が手続きする本人が支払

 

う借金額となります。

 
簡単に言うと、高い利息の借金額から法律に定められた利息の借金額を差し引き

 

する計算です。

 

計算後、裁判所や役所などで必要な書類、資料を集め、手続きにかかる費用を支

 

払って裁判所へ申し立てを行います。

 
その後、調停委員との話し合いが行われ、申し立てが認められると借金が減額さ

 

れる事となり、減額された借金を返済し、完済したら全て終了となります。

 

 

一方の貸金業者に主債務者の借金を支払う方法は、そのままです。

 
全額支払う事が出来れば、そこで取り立てや督促は止まり、支払いを行う必要は

 

ありません。

 

どちらの方法がベストかは本人次第でありケースバイケースです。

 
よって判断が難しい場合は弁護士などに相談し、アドバイスを聞いてみるのも良

 

い方法です。

もし保証人になったら注意すべきこと

まず契約書の債務の範囲をよくチェックしてください。

 
書面は難しくわかりづらい文体で書かれている為、面倒かもしれませんが入念に

 

チェックです。

 

民法にありますが、保証債務は保証契約によって決まります。

 
つまり、書面に保証する人の借金を負担する範囲があれば、範囲内の金額を支

 

払う事となります。

 
範囲があれば、その金額をしっかり見つけるまで契約してはいけません。

 
数字を見つけたら、今度は主債務者が債務放棄して自分が肩代わり出来るかどう

 

かを考えてください。

 

 

民法の続きは、要約すると特に定めがない場合、契約書によるとあります。

 
つまり、範囲が決まっていなければ、主債務者の債務を背負う事となる事と同義

 

です。

 
他人の借金を保証する前に、契約内容をしっかり理解すべき理由はここにありま

 

す。

 

 

主債務者が契約時に極度額を記入する事になります。

 
この額はカードローン契約時に出てくる金額で、100万必要で100万と記入すれ

 

ば極度額は100万です。

 
この金額をその時点で支払えないのであれば、主債務者の債務を保証すべきで

 

はないでしょう。

 

 

何故ならここから借金が増える可能性があるからです。

 
主債務者の返済が遅れると、遅延損害金や利息により借金が増える事となるかも

 

しれません。

 
極度額は、最低支払う事となる金額と理解すべきです。

 

 

どうしても他人の借金を保証する時は、契約内容、背負う金額の範囲、極度額を

 

しっかり把握していきましょう。

親族が不適切な場合や、親族で立てられないとき

部屋を借りる時等は賃貸契約書等で、保証人を立てる事が求められます。

 

基本的には固定収入の有る親族がいれば何の問題も有りませんが、もし親族が

 

いなかったり、親族が保証人として不適切な場合はその旨を不動産屋に言えば

 

不動産屋の方で保証会社を紹介してくれる事も有ります。

 

不動産屋によっては紹介してくれない会社も有りますが、大体の不動産屋では紹

 

介してくれます。保障会社の中では、賃貸契約の他にも病院に入院した時に身元

 

引受人にもなってくれるめずらしい会社も有ります。保証会社で賃貸契約を行う

 

と、毎年更新料は掛かりますが結果的には契約者にとっては大きな助けになるの

 

は間違い有りません。現在は親族を保証人に立てられない人も増えて来ましたの

 

で、保証会社の数も増え需要も高まって来ています。不動産屋の目的としては、

 

契約を結ばせる事ですので、契約者目線で一生懸命やってくれる不動産屋さん

 

もいます。1つの不動産屋で複数の保証会社と提携している会社も有りますので

 

その辺も確認してみた方がいいでしょう。又は自分でも探して契約する事も出来

 

ますので、インターネットで検索してみるのも手です。個人契約は、賃貸契約(金

 

銭契約を除く)以外にも保証人が必要な人には有効です。

gf0640065860l

なぜ印鑑証明が必要なの?

印鑑証明が必要なケースというのは多数あります。住宅ローンを組んだり、土地や

 

家屋の売買、保険金の受け取り、自動車の購入や売却、その他実生活の中で

 

様々見受けられます。では何故そのような際に提出を求められのでしょうか。

 

答えから述べるとそれは役所によって証明されたものであり、それを所持している

 

者は本人であるというお墨付きが与えられているからです。

 

 

gf0640065860lまずは、印鑑登録から始まります。自分だけの印鑑である、これは実印であるとい

 

うことを役所に届けるのです。この印鑑はシャチハタや三文判のようなどこにでも

 

売っているものでは受け付けてもらえません。というのも、誰でも手に入れられるよ

 

うな印鑑ですと、第三者が本人に成りすます危険性があるからです。登録が済め

 

ば、印鑑登録カードが発行され、これを窓口に提示して、手数料を支払うことによ

 

り発行してもらえます。カードがない場合は、例え登録された印鑑があっても発行

 

されません。紛失した場合は運転免許証やパスポートなど顔写真のあるもので本

 

人であるとの確認が取れない限り再発行には応じてもらえません。このように登録

 

から発行まで役所という公的機関によって管理されていますので、当該印鑑と印

 

鑑証明を所持しているのは第三者ではなく、間違いなく本人であるということが保

 

証されており、様々な場面で要求されるのです。

辞退したい場合は

連帯保証人承諾書や誓約書などにある契約を合意解除で辞退しましょう。

 

 

借金の原因はわかりませんが、主債務者(借金した本人)の借金を背負う事となっ

 

たのは契約がある為です。

 
その契約を停止、無効化させる方法が合意解除です。

 
意味合いは文言通りで合意を解除する、つまり債権者と主債務者の借金を背負う

 

事となった人が話し合いなどで契約を取り消しとする方法です。

 

 

ただし、この方法を選択し、誓約書などの契約を取り消す事が出来るパーセンテ

 

ージは高くはありません。

 
基本的に非常に難しいという事は覚えておいてください。

 
相手方もビジネスですから、簡単には応じてくれません。

 
しかし、債権者の中には連帯保証人が多少でも債務の支払いを行う事で、契約を

 

解除するケースも存在します。

 
よって個人で解決するのは難しいと感じたらまずは専門家に相談してください。

 

 

この他の選択肢としては自分自身も債務整理他の選択肢を検討し、主債務者の

 

借金により不利益を被った状態で求償権を行使する方法です。

 
求償権とは、債権者に債務を支払った人が法律に基づいて他の人に対して被っ

 

た支払額を請求できる権利です。

 
このケースでは、主債務者が他の人となり、主債務者の借金を背負った人が請求

 

権を持つ人となります。

 
肝は返済後、行使できる権利という点で、債権者に債務を支払って、それからの

 

請求です。

 
よって求償権を行使する場合、主債務者の返済能力を見極めた上で手続きする

 

かを検討してください。

 

 

基本は他の人の借金を背負わない事です。

 
しかし、それでも仕方なく背負ってしまったら債権者との交渉、債務整理、求償権

 

で対抗すると覚えておいてください。

 

連帯保証人とは?

契約を結ぶ際にはその契約が履行されない場合には、損害を被ってしまいます。

 

そのため契約の履行を確実にするために、保証人を立てるのが一般的です。

 

そしてそれに関しては民法に規定があり、通常の保証人の他にも種類がありま

 

す。

 
通常の保証人は検索の抗弁権と催告の抗弁権があり、債権者側に対してまずは

 

主債務者に債務の履行を請求するように主張する事が可能です。

 

そして債権者側は主債務者に請求を行う事になります。

 

さらに財産の差押えを行う場合にも、主債務者の財産の差押えを行い、それでも

 

債務を弁済するのに足りない場合ににみ保証人の財産の差押えが可能になりま

 

す。

 
これに対して連帯保証人の場合には催告の抗弁権と検索の抗弁権がないという

 

違いがあります。そのため主債務者に請求をせず、最初からこちら側に請求をす

 

る事が可能です。さらに財産の差押えを行う場合にも、主債務者の財産の差押え

 

を行わずにこちら側の財産を差し押さえる事ができるという規定になっています。

 

そのため債権者にとって有利な内容と言えます。そして実際の契約などではこの

 

方法が用いられるケースが多いため、当事者となるような場合には十分に注意す

 

る必要があります。

 
またどちらの場合でも主債務者への求償が可能であるという点では共通していま

 

す。