辞退したい場合は

連帯保証人承諾書や誓約書などにある契約を合意解除で辞退しましょう。

 

 

借金の原因はわかりませんが、主債務者(借金した本人)の借金を背負う事となっ

 

たのは契約がある為です。

 
その契約を停止、無効化させる方法が合意解除です。

 
意味合いは文言通りで合意を解除する、つまり債権者と主債務者の借金を背負う

 

事となった人が話し合いなどで契約を取り消しとする方法です。

 

 

ただし、この方法を選択し、誓約書などの契約を取り消す事が出来るパーセンテ

 

ージは高くはありません。

 
基本的に非常に難しいという事は覚えておいてください。

 
相手方もビジネスですから、簡単には応じてくれません。

 
しかし、債権者の中には連帯保証人が多少でも債務の支払いを行う事で、契約を

 

解除するケースも存在します。

 
よって個人で解決するのは難しいと感じたらまずは専門家に相談してください。

 

 

この他の選択肢としては自分自身も債務整理他の選択肢を検討し、主債務者の

 

借金により不利益を被った状態で求償権を行使する方法です。

 
求償権とは、債権者に債務を支払った人が法律に基づいて他の人に対して被っ

 

た支払額を請求できる権利です。

 
このケースでは、主債務者が他の人となり、主債務者の借金を背負った人が請求

 

権を持つ人となります。

 
肝は返済後、行使できる権利という点で、債権者に債務を支払って、それからの

 

請求です。

 
よって求償権を行使する場合、主債務者の返済能力を見極めた上で手続きする

 

かを検討してください。

 

 

基本は他の人の借金を背負わない事です。

 
しかし、それでも仕方なく背負ってしまったら債権者との交渉、債務整理、求償権

 

で対抗すると覚えておいてください。