保証人になってしまった場合は

 

 

この場合、債務整理で保証した借金を整理する方法、そのまま貸金業者に借金

 

を支払う方法が考えられます。

 

主債務者の借金の額が少額であれば任意整理または特定調停を選択する事と

 

なります。

 
額が多ければ個人再生、自己破産の手続きです。

 

 

借金が少額であり、費用を抑えて借金整理を行うのであれば特定調停がベストで

 

す。

 
特定調停ではまず、利息制限法に基づいて本来支払うべき借金の総額を計算し

 

ます。

 
この計算を引き直し計算と言い、引き直し計算後の金額が手続きする本人が支払

 

う借金額となります。

 
簡単に言うと、高い利息の借金額から法律に定められた利息の借金額を差し引き

 

する計算です。

 

計算後、裁判所や役所などで必要な書類、資料を集め、手続きにかかる費用を支

 

払って裁判所へ申し立てを行います。

 
その後、調停委員との話し合いが行われ、申し立てが認められると借金が減額さ

 

れる事となり、減額された借金を返済し、完済したら全て終了となります。

 

 

一方の貸金業者に主債務者の借金を支払う方法は、そのままです。

 
全額支払う事が出来れば、そこで取り立てや督促は止まり、支払いを行う必要は

 

ありません。

 

どちらの方法がベストかは本人次第でありケースバイケースです。

 
よって判断が難しい場合は弁護士などに相談し、アドバイスを聞いてみるのも良

 

い方法です。