連帯保証人とは?

契約を結ぶ際にはその契約が履行されない場合には、損害を被ってしまいます。

 

そのため契約の履行を確実にするために、保証人を立てるのが一般的です。

 

そしてそれに関しては民法に規定があり、通常の保証人の他にも種類がありま

 

す。

 
通常の保証人は検索の抗弁権と催告の抗弁権があり、債権者側に対してまずは

 

主債務者に債務の履行を請求するように主張する事が可能です。

 

そして債権者側は主債務者に請求を行う事になります。

 

さらに財産の差押えを行う場合にも、主債務者の財産の差押えを行い、それでも

 

債務を弁済するのに足りない場合ににみ保証人の財産の差押えが可能になりま

 

す。

 
これに対して連帯保証人の場合には催告の抗弁権と検索の抗弁権がないという

 

違いがあります。そのため主債務者に請求をせず、最初からこちら側に請求をす

 

る事が可能です。さらに財産の差押えを行う場合にも、主債務者の財産の差押え

 

を行わずにこちら側の財産を差し押さえる事ができるという規定になっています。

 

そのため債権者にとって有利な内容と言えます。そして実際の契約などではこの

 

方法が用いられるケースが多いため、当事者となるような場合には十分に注意す

 

る必要があります。

 
またどちらの場合でも主債務者への求償が可能であるという点では共通していま

 

す。