親族が不適切な場合や、親族で立てられないとき

部屋を借りる時等は賃貸契約書等で、保証人を立てる事が求められます。

 

基本的には固定収入の有る親族がいれば何の問題も有りませんが、もし親族が

 

いなかったり、親族が保証人として不適切な場合はその旨を不動産屋に言えば

 

不動産屋の方で保証会社を紹介してくれる事も有ります。

 

不動産屋によっては紹介してくれない会社も有りますが、大体の不動産屋では紹

 

介してくれます。保障会社の中では、賃貸契約の他にも病院に入院した時に身元

 

引受人にもなってくれるめずらしい会社も有ります。保証会社で賃貸契約を行う

 

と、毎年更新料は掛かりますが結果的には契約者にとっては大きな助けになるの

 

は間違い有りません。現在は親族を保証人に立てられない人も増えて来ましたの

 

で、保証会社の数も増え需要も高まって来ています。不動産屋の目的としては、

 

契約を結ばせる事ですので、契約者目線で一生懸命やってくれる不動産屋さん

 

もいます。1つの不動産屋で複数の保証会社と提携している会社も有りますので

 

その辺も確認してみた方がいいでしょう。又は自分でも探して契約する事も出来

 

ますので、インターネットで検索してみるのも手です。個人契約は、賃貸契約(金

 

銭契約を除く)以外にも保証人が必要な人には有効です。

gf0640065860l